トラックの買取金額アップのコツ【早期に買取ってもらおう】

見方について

ダンプカー

乗用車と同じではない

乗用車の場合、走行距離は一年で約一万キロと言われています。つまり新車から十年経過している車なら、十万キロ前後を走っていれば、至って一般的な乗り方をしてきたのだという目安になります。では、中古ダンプにもその見方が当てはまるのかというと、決してそうではありません。基本的には中古ダンプは乗用車よりも酷使されていることが多いため、上記のような条件に当てはめて探すとなると、なかなか見つからないのが実情です。そのため中古ダンプの走行距離に関しては、乗用車の二倍程度は走っていたとしても、許容範囲にしておきたいです。傷に関しても同様で、乗用車の場合だとボディに石が当たった跡があると、敬遠する人も珍しくないのです。しかし中古ダンプは、道路がまだ整備されていない現場を行き来することもあるため、どうしても傷がつきやすいです。走行に支障が出ない程度なら我慢すると良く、むしろそれを交渉材料にして、値引きしてもらうというのも良い方法です。ただし、ここで注意しておきたいのは、凹んだ箇所に腐食が見られる中古ダンプの場合です。下手をするとボディに穴が空くかもしれないため、あまりにも酷い状態のものは避けておく方が無難です。タイヤですが、中古ダンプは乗用車に比べると、非常に大きなサイズのものを使用しています。買い換えるためには費用がかかりますから、溝もチェックしておき、十分に残っている中古ダンプを買うようにしたいものです。